【セミナー告知】ASSC特別セミナー2018 / EcoVadisセミナー「複雑なサプライチェーンをどのように管理するか?」

 In 未分類

複雑化している国内外のサプライチェーン上では、労働・人権問題、また環境問題が発生している可能性があります。そして昨今、欧州においては、英国現代奴隷法2015をはじめとする人権に関する法規制により、日本企業もサプライチェーン上の人身取引や強制労働などの現代奴隷制がないかを確認して報告をしなければならない状況となっています。そのような中、今後一層サプライヤーの管理を行っていくことが求められてきていますが、サプライチェーン上の労働・人権、および環境に関するリスクをどの程度認識し、管理をどのように実施しようと考えていらっしゃるでしょうか?

この度EcoVadisのサプライチェーン管理のツールは複雑なサプライチェーン管理の手助けをすることができます。EcoVadisは、150業種・110か国において、企業がその取引先の持続可能性(サステナビリティ)のパフォーマンスをモニタリングすることを可能にする世界で初めてのコラボレーションによるプラットフォームを運営しており、既にグローバルに事業を展開している主に欧米の主要な多国籍企業で採用され、95を超える国において、企業の取引先を審査するのに活用されています。

そして今回2018年6月に、EcoVadisの共同創業者・共同CEOであるFrédéric Trinel氏とVice PresidentのWim Peeter氏が来日するのに合わせて、皆様にEcoVadisの管理ツールを活用したサプライヤー管理についてのセミナーを以下のとおり開催をさせていただきますので、ご参加いただければ幸いです。

 

1.    日時  2018年6月22日(金)13:00~15:00 (12時半開場)

2.    場所  ベルサールNEXT東新橋5号館Room1

       https://www.smartkaigisitsu.net/properties/view/31

3.    対象者 事業会社のCSR/サステナビリティおよび調達部門

4. 参加費 無料

5.    参加申し込み

参加についてのご連絡は、こちらのPeatixからお申込みをお願いいたします。

6.  その他

上記セミナー後、EcoVadisとの個別ミーティング(2社限定)の時間といたします。ご関心のある企業様は、次のメールアドレスまでご連絡ください。info@g-assc.org

EcoVadisとは、

グローバルサプライチェーンが及ぼす影響を考慮して、企業の国内外のサプライヤーの環境・社会的慣行を改善することを目指しており、企業がその取引先の持続可能性(サステナビリティ)パフォーマンスをモニタリングすることを可能にする150業種・110か国に及ぶ世界で初めてのコラボレーションによるプラットフォームを運営しています。そしてEcoVadisの信頼性の高い審査と使いやすいモニタリングツールによって、企業は、自社のグローバルサプライチェーンにおいて、リスクを管理し、エコ・イノベーションを推進することができるようになります。EcoVadisのソリューションは、既にグローバルに事業を展開している主に欧米の主要な多国籍企業で採用され、95を超える国において、企業の取引先を審査するのに活用されています。

Recent Posts

Leave a Comment