一般社団法人ザ・グローバル・アライアンス・フォー・サステイナブル・サプライチェーン(ASSC;アスク)は、2019年2月20日(水)に「外国人労働者ラウンドテーブル」の「協議会(第5回)」を開催しました。

 In NEWS

今回の第5回開催では、「外国人労働者、送出し機関や送出し国内で起こりうる人権侵害の予防策、および、日本国内での労働者権利保護」について、前回の議論で得られた意見を基に、それぞれの立場に対してどのような役割や貢献が期待されるのかについて、当協議会としての意見を整理しました。

 

外国人労働者に対して直接アプローチするための施策や、政府を含むマルチセクターでの協働、適正な受入のための受け入れ管理団体や送り出し機関の役割など、具体的なアイデアが集まりました。

次回のラウンドテーブルで、今回の内容をどのような形で公表し、企業やその他のセクターの取り組みに活用していくかについて、さらなる議論を進めてまいります。

 

次回のラウンドテーブル(協議会開催)は、320日を予定しております。

 

6回の申し込みについては、応募フォームの設置がされ次第、本ウェブサイトおよびFacebookページにて告知いたします。本件に関するお問い合わせはウェブサイトの「コンタクト」からご連絡ください。

 

本ラウンドテーブルは、ステイクホルダーの幅広い参加による協議を目的とし、参加費は無料としております。また、ご参加の皆様には原則として「建設的かつ活発な意見の共有」と「継続的な議論への参加」を、お願い申し上げます。

<運営および協力>
事務局:一般社団法人 ザ・グローバル・アライアンス・フォー・サステイナブル・サプライチェーン

告知協力 一般財団法人 企業活力研究所
本「外国人労働者ラウンドテーブル」は、東京2020参画プログラムのアクションとして認証されています。(事業番号Z0338301

Recent Posts

Leave a Comment