【開催報告】第1回 外国人労働者ラウンドテーブルを開催いたしました。2018年10月10日

 In イニシアチブ

一般社団法人ザ・グローバル・アライアンス・フォー・サステイナブル・サプライチェーン(ASSC;アスク)は、2018年10月10日(水)に「外国人労働者ラウンドテーブル」(第1回)を開催しました。

本外国人労働者ラウンドテーブルは、外国人労働者(技能実習制度を含む)の労働・人権の問題に関する、セクターを超えた関係団体の参加による協議会としてASSCが開催するもので、この開催を通じ、日本企業のサプライチェーン上での外国人労働問題に関する知識向上、問題解決に向けた提言、および受入の際に必要な素地の創造を目指しています。

今回第1回は、大企業、中小企業、省庁(政府関係者)、弁護士、NGO、東京オリンピック・パラリンピック競技組織委員会、関係団体などからの参加があり、参加者からは、サプライチェーン上で直面している外国人労働者の問題解決に向けた取り組みについて、またこのラウンドテーブルへの期待、外国人労働者に関する課題に関して様々な発言がなされました。

ASSCは、外国人労働者ラウンドテーブルについて、毎月開催を行い、そこで、外国人労働者に関する個別のテーマを設定し、外部講師を招聘し情報提供を行いながら、議論を深め、さらに企業の行動へと結びつけられるようにしていきたいと考えています。

また外国人労働者の問題は、送り出し国と受け入れ国の双方の問題でもあり、今後は、国内、また海外での実態調査についても実施しながら報告書を発行していく予定としています。

次回のラウンドテーブルは、11月6日(火)を予定しております。
第2回以降の会場、および第4回以降のスケジュールについては、決定次第、ASSCウェブサイトで告知を行います。

2回目以降から参加をご希望の方は、以下4点をご明記の上、info@g-assc.org 宛にご連絡ください。
①氏名 ②所属団体名・部署 ③電話番号 ④参加会場(東京or大阪)
※本ラウンドテーブルは、ステイクホルダーの幅広い参加による協議を目的とし、参加費は無料としております。また、ご参加の皆様には原則として「建設的かつ活発な意見の共有」と「継続的な議論への参加」を、お願い申し上げます。

<運営および協力>
事務局:一般社団法人 ザ・グローバル・アライアンス・フォー・サステイナブル・サプライチェーン
告知協力 一般財団法人 企業活力研究所
※本「外国人労働者ラウンドテーブル」は、東京2020参画プログラムのアクションとして認証されています。(事業番号Z0338301)

Recent Posts

Leave a Comment