下田屋 毅
代表理事

大手重工業工場にて約10年人事・総務・給与・労働安全衛生・労使交渉等を担当。労働安全衛生主担当として「安全衛生内部監査制度」を企画・導入。環境ビジネス事業会社立上げ。英国イースト・アングリア大学修士、英国ランカスター大学MBA。2013年より国連ビジネスと人権フォーラムへ参加。現代奴隷制、サプライチェーン課題、人権・労働者の権利の重要性を企業に伝えている。FLA行動規範による監査経験豊富。RBA(旧EICC)主任監査員。

和田 征樹
理事

ASSC理事 兼 株式会社エナジェティックグリーン共同代表。南イリノイ州立大学経済学部卒業。世界的スポーツメーカーに入社。CSR調達を担当し、日本・東南アジアを中心にCSR活動を推進させた。2012年、(一財)企業活力研究所の「ビジネスと人権」研究会に研究員として招聘、2013年、(公財)国際研修協力機構に入職。その後、エナジェティックグリーンでCSRに関する研究とコンサルティング、新興国でのサプライチェーンにおける人権・労働問題や外国人・移住労働者問題に取り組んでいる。

森 翔人
理事

ASSC理事 兼 株式会社エナジェティックグリーン。グローバル・サプライチェーンのサステイナビリティ(労働分野)研究に従事。企業のサプライヤー監査の実施とアドバイスを行う。市民・消費者に、サプライチェーン上の課題と消費の関連性を伝え、消費者自身が持続可能な消費行動を実施していくことをテーマとしたトークイベント「エシカルサロン」の企画・運営。法政大学大学院人間社会研究科修了。第2回住友理工学生小論文アワード審査員特別賞。

西脇 威夫(弁護士)
監事

弁護士。一橋大学卒業。ワシントン大学LLM卒業。1996年弁護士登録。企業法務を専門として、国内及び米国法律事務所、世界的なスポーツブランド(企業内弁護士)で活動し、2012年8月に独立。日本企業の海外企業との取引、海外企業の日本への進出、コンプライアンス、労働問題を得意とし、業種は流通、アパレル、医薬、化粧品、スポーツ、不動産、ITなど多岐にわたる。契約案件だけでなく、訴訟も多く扱う。

武末 克久
特任研究員

製薬会社に勤務後、英国オックスフォードブルックス大学修士課程で国際関係学を学ぶ。2010年に帰国後は、環境経営コンサルトとして持続可能な原材料調達の分野を中心に企業のCSR活動を支援。2017年に独立し、現在は持続可能な原材料調達を現場から実践すべく、アグロフォレストリを展開するマダガスカルの生産者と協力してバニラなどの農作物の輸入にも取り組むとともに、ASSCでサプライチェーンの環境関係の取り組みや原材料調達のイニシアティブに関して特任研究員として活動している。

王 昆
研究員

RBA(旧EICC)監査員
中国出身、立命館大学経営学博士前期課程修了(修士)。
学生時代より、大手自動車の部品メーカーにて外国人労働者に関する労務、人事等の仕事を従事し、その後、サプライチェーンにおける、
労務問題の調査・解決を中心とし、某アパレルブラントのCSR部門にて勤務。

2011年帰国後、邦銀にて在中の日系企業に関わる為替、貸出、投資等を長年担当していたが、現在は、、中国国内及び東南アジア地域をベースに、CSR・サステイナビリティの調査案件や労務問題をメインに活動している。

李 文瑶
研究員

中国出身、桜美林大学言語教育専攻日本語教育専修修了(修士)。修士課程修了後、大手小売業者にて経営企画・店舗経営関連業務を従事した後、2013年帰国後、邦銀にて在中の日系企業に関わる為替、貸出、投資等を長年担当していたが、現在、中国国内をベースに、安全衛生及び労務管理問題をメインに研究し活動している。

黒田 かをり
評議員

民間企業に勤務後、コロンビア大学経営大学院日本経済経営研究所、アジア財団日本勤務を経て、2004年CSO連絡会(現CSOネットワーク)に入職。2011年より一般財団法人CSOネットワーク事務局長・理事。日本のNGO代表としてISO26000の策定に参加。2010年よりアジア財団のジャパン・ディレクターを兼任。東京2020年オリンピック・パラリンピック組織委員会「持続可能な調達コード」WG委員。SDGs推進円卓会議構成員。ハーバード教育大学院修士。

松岡 秀紀
評議員

地方自治体、国際協力NGO、環境NGO、京都CSR推進協議会事務局長等を経て、現在、一般財団法人アジア・太平洋人権情報センター(ヒューライツ大阪)特任研究員などとして、ビジネスと人権やCSR関連の調査研究、教材開発、アドバイザリー、セミナーやワークショップの講師などに携わっている。ISO14001の内部監査員研修なども行っている。また、同志社大学大学院、関西学院大学で非常勤講師としてCSR論を教えている。

菅原 絵美
アドバイザー

大阪経済法科大学国際学部 准教授、グローバル・コンパクト研究センター代表

2003年 新潟大学法学部卒業(学士(法学))、2005年 神戸大学大学院国際協力研究科国際協力政策専攻博士前期課程修了(修士(法学)、2007年 米国ノートルダム大学ロースクール国際人権法LLMプログラム修了(Legum Magister(法学修士))2014年 大阪大学大学院国際公共政策研究科国際公共政策専攻博士後期課程修了(博士(国際公共政策))