【海外カンファレンス参加報告】
2018年6月26日~28日まで、Better Cotton Initiative(BCI)の年次イベントであるBCI 2018 Global Cotton Conference and General Assemblyがブリュッセルで開催され、弊団体代表理事の下田屋が参加しました。
本会議は、持続可能な綿花の生産に関する議論を行い、今回は特に「コラボレーションを通じて影響を拡大する」を掲げて開催がなされ世界から350名が集まりました。

BCIでは、より持続可能な方法で生産された綿花を「ベター・コットン」と定義。BCIはそのミッションを実現するため、農地から販売店まで、セクターを越えて人々と組織をつないでおり、2020年までに500万の農家と協働すること、全世界の綿花生産の30%を占めることを目指しています。

ASSCは、Better Cotton Initiativeとの協働により、日本において持続可能な綿花栽培に関わる情報提供や研修、セミナーなどを行ってまいります。