【ASSCウェビナー5/27】「世界のエキスパートが解析!現代奴隷法対応のトレンドと、COVID-19影響下での対応」開催のお知らせ

 In NEWS, セミナー・イベント

一般社団法人ザ・グローバル・アライアンス・フォー・サステイナブル・サプライチェーン(ASSC)は、5月27日に「世界のエキスパートが解析!現代奴隷法対応のトレンドと、COVID-19影響下での対応」を題したウェビナーを開催いたします。

 

新型コロナウィルス(COVID-19)の影響拡大の中、サプライチェーンの持続可能性の確保は、事業継続にかかわる極めて重要な要素となっています。

他方、英国をはじめとした現代奴隷関連の法律については、毎年の情報開示を要求されるため、こうした状況下でどのような働きかけをサプライチェーンに実施することができているか、その真価が問われるといえるかもしれません。

今回のウェビナーでは、海外の現代奴隷対応のエキスパートを2名お招きし、COVID-19影響下でのサプライチェーンにおける現代奴隷対応の目指すべき方向性についてお伝えさせていただきます。

 

今回のゲストスピーカーはいずれも英国を拠点とする現代奴隷対応に関する専門家です。オリバー・カシング氏は、現代奴隷のデューディリジェンスを推進するスタートアップ企業の創業者兼CEOとして活躍されています。また、ケイト・ラーセン氏は約20年にわたる企業のCSR調達およびサプライチェーンの持続可能性に関わる活動を経て、現在SupplyESChangeにて企業の活動をサポートしており、現代奴隷に関するインフレンサーTOP100にも選ばれています。また同氏は本年よりASSCのグローバル・アドバイザーにも就任しています。

 

1. とき:2020年5月27日(水)16:00-17:30

 

2. ところ:ウェビナー(オンライン)

お申込みがあった方にウェビナーの開催のリンクをこちらから送付させていただきます。

 

3. スピーカー:

・Rights DD、CEO、オリバー・カシング氏

・SupplyESChange、ファウンダー、兼ASSCグローバル・アドバイザー、ケイト・ラーセン氏

・一般社団法人ザ・グローバル・アライアンス・フォー・サステイナブル・サプライチェーン、下田屋毅、森翔人

※本セミナーは英語―日本語の逐次通訳が入ります。

 

4. 参加費 無料

 

5. 対象企業:

自社サプライチェーンの持続可能性ならびに人権尊重の取り組みにご関心のある、事業会社のご担当者様

 

6. お申込みはこちらのPeatixからお願いいたします。

https://assc-webinar-2020-may-27.peatix.com/

(もしPeatixからのお申込みができないなどございましたら、info@g-assc.org にご連絡をいただきお申込みください。)

 

7. 主催:一般社団法人ザ・グローバル・アライアンス・フォー・サステイナブル・サプライチェーン

共催:RightsDD、SupplyESChange

 

8. お問い合わせ:info@g-assc.org

Recent Posts

Leave a Comment