私たちの日々の食事に密接なつながりがある「砂糖」

今後、世界の人口の増加とそれに伴う食料需要の増加が予想される一方で、気候変動や生態系の変化の影響をうけ、砂糖の原材料であるサトウキビの確保は難しくなるとされています。また、主に熱帯地方で栽培されるサトウキビは、児童労働・強制労働、土地収奪などの人権侵害、農薬使用、焼畑、気候変動による水ストレスなどの環境問題を抱えています。
これらの問題に直面する業界は、砂糖原料を直接使用する飲料・飲食業界に留まらず、原料のサトウキビを使用して生分解性プラスチックやバイオ燃料を製造する化学工業やエネルギー産業に及びますが、日本における関心は低いままとなっています。
さらには、新型コロナ禍(COVID-19)では、企業と経済は大きな打撃を受けており、サトウキビ農家やそのサプライチェーンも混乱している状態です。

サトウキビを巡るこうした課題を解決するため、ASSCでは、サトウキビのサプライチェーン上の課題解決に取り組んでいるBonsucro(ボンスクロ)とパートナーシップを結び、イニシアチブの立ち上げを始動しました。

現在ご覧のページで使用されている写真や画像はBonsucroによって提供されております。

Copyright © 2021 Bonsucro. All Rights Reserved.

Bonsucro

Bonsucro(ボンスクロ)とは

Bonsucroはサトウキビ産業が持続可能な未来を築いていけるようにするためのグローバルなプラットフォームです。

サトウキビセクターに関りを持つ様々な企業と協働し、企業の社会的、環境的、商業的パフォーマンスを高めており、国際的なコミュニティに結び付けることで、持続可能かつ現在の潮流に即した産業にしていくことを目指しています。

専門性を活かし、研修や資料の展開、効果的なプロジェクトを行っています。サステイナビリティを達成するために必要な変化を企業が起こしていけるようにするために、セクター内のネットワークを活性化するとともに、こうした取り組みを成功させている企業には独自の認証を提供しています。

Bonsucroのメンバー

小規模農家
大規模農家
製糖工場
取引業者
バイヤー
NGOなどの支援団体

Bonsucroは持続可能な全てのサトウキビ生産をサポートします。

砂糖
エタノール
モラセス
バイオエレクトロニクス
バイオプラスチック
バガス
その他

Bonsucroの世界的ネットワーク

Bonsucro
の影響力

Bonsucroのサステイナビリティ認証は生産パフォーマンスとサトウキビ産業上にあるサプライチェーン、双方についての先進的なグローバルスタンダードです。サステイナビリティのアプローチを求める動きが高まり続けるなかで、Bonsucroのメンバー数は急速に増えています。

Bonsucroの取り組み

ケーススタディ

サトウキビ小規模農家の能力強化

タイ

サトウキビ栽培を改善するための資金調達

南アフリカ

バリューチェーン全体にサステイナビリティを織り込む

ブラスケムと
テトラパック